2018年01月22日

絶対忘れられない日になった

平成30年1月1日

平成さいごのお正月。

年賀状も出して、、、。

皆で実家に集まって、父が準備しておいてくれたお年玉をいただいて、
新年会終わり、さて解散というところで病院から電話があり。

子も孫も皆揃って全員でお見送りできました。

母が「あんた、幸せね」と声をかけてました。

こんな日に旅立つなんて、なんとも父らしい。

高齢である程度覚悟していたものの、心の真ん中にぽっかり穴があいたよう。

淋しいとかそういうのじゃなくて。
大きな傘がなくなったような漠然とした不安。

でも無事に見送れて良かったな。
順番守れて幸せなことなんだろうな。






タグ:
posted by おちゃkemi at 10:44| Comment(0) | 日記

2017年12月20日

あれから2年 

もうやめちまえと思いつつ。
だらだらと続けております。

2年。 たってます。

時の経つのは早いモノです。老化もね。



ボケてます。

年末ってなんか忙しいイメージありますね。色々とイベントあるし。
年賀状とか作らなきゃだし。

年賀状、毎年、父と母の分をつくっているのですが、
母は自分の描いた絵とか、、最近は筆を持つのも不自由なので
撮りためた写真なんかをスキャンして、文字と組み合わせたりして、

父は近況を伝える文章と年賀状のテンプレートを組み合わせたりして作るわけです。

こんな風に二人分の年賀状を作ると、自分のはもう面倒くさくなってしまうので、、
なんか手抜きになってしまい、皆様には申し訳なく思っております。

言い訳です。
なんかこう、アイデアが浮かばなくなってきてます。どうしたもんだろなぁ。


それはともかく、、
11月に気の早い父から文章を渡され、少し華やかなイメージの年賀状が出来上がりました。


去年の今頃は転んで骨折して、病院におりましたので、
今年は健康を取り戻し、酒を愉しみ元気にやっているので
遊びに来て下さいねというような内容。

本当はもっとしゃれた文章なんだけど。。

父はその後また転び、頭をうち、硬膜下血腫になり、あれよあれよという間に厳しい状態におかれてしまいました。

賀状の内容とは真逆の状態です。

でもこれを書いた時の父の気持ちは米寿を目の前にわくわくした青年。

たぶん。

そんな想いが込められた年賀状を投函します。

皆様も良いお年をお迎えください。

ネットの片隅にて。








タグ:
posted by おちゃkemi at 16:38| Comment(0) | 日記

2015年08月19日

朝のG溺死と弟の事やら、、

更新です。

生存してます。

その証拠に日記上げました。


相変わらずたいしたネタではありませんが。


まぁ、たまにGの残骸が発見される事があるので、靴を履く前は必ずひっくり返すとか
色々儀式をしなければならないのですが、、今回は水に浮いてたって話です。

しかし、猫と生活してると、色んなセンサーが働くようになって、不用意にゲロを踏んづけなくなったり、
楊枝の先ほどの小さな茶色の物体も、素早く 「」 と認識出来るようになります。

あまり自慢出来る能力ではありませんが、、、。

ではでは!
残暑厳しき折、ご自愛くださいませ。




タグ:
posted by おちゃkemi at 14:18| Comment(0) | 日記